コンテンツ追加情報

・原発と電気の疑問にお答えする、レポート「原発・電気のQ&A」をアップしました。印刷用PDFファイルもダウンロードできますので、是非ご活用ください。

 旭川市・近郊のイベント情報

● 映画 「ザ・思いやり」 上映会
日時: 1月22日(日) @10:00〜 A13:00〜 B16:00〜  C19:00〜 (上映88分) 
場所:  サン・アザレア (旭川市6条通4丁目)
参加費: 一般前売 800円(当日1000円)/大学生・障がい者 400円/高校生以下 無料
1回目のみ託児あり ・要予約(1人200円)25-3169まで

 アメリカとの条約においては一切義務付けられてない「思いやり予算」は1978年から始まり、日本人が自ら働いて支払っている税金から在日米軍へ6兆円以上が投入されてきました。
 米兵一人当たり年間1500万円という膨大な額は、ほとんどがアメリカ軍人の贅沢な生活を支援するために使われているのです。日本の経済が困難な状況の中で、なぜ日本人がここまでアメリカ軍を思いやらなければならないのでしょうか?
1人のアメリカ人が「思いやり予算」の不条理さと矛盾を様々な視点から鋭く斬る、笑いあり涙ありのコミカルドキュメンタリー!



 知ッテイマスカ?日本の税金が在日米軍のために使われていることを。在日米軍家族のための住宅、小・中学校、教会、銀行、ゴルフ場、マクドナルドなどの施設に税金が使われていることを。電気・ガス、水道料金は使い放題、遊びでも有料道路料金もすべてタダだということを。米兵による凶悪・暴行事件の賠償金にも使われていることを。6兆円を超える私たちの税金がすでに使われていることを……。
【監督・編集:リラン・バクレー】

(主催:チーム「今だから」/後援:旭川市教育委員会・あさひかわ新聞・旭川平和フォーラム・ウィメンズネット旭川・あさひかわ西地域9条の会・東川9条の会・Anti-TPP ASAHIKAWA・A.F.M.A/問い合わせ:こども冨貴堂(0166-25-3169)・きっちんらいる(0166-87-5046))


● NO NUKES 旭川反原発集会


日時: 毎週金曜日 18:00〜19:30頃
場所: まちなか交流館前 (旭川市4条通7丁目買物公園)

 東京の首相官邸前反原発デモに連動して、旭川でも市民有志が毎週金曜日18:00〜19:30頃に、4条買物公園の「まちなか交流館」前で集会を行っています。

 特定の政党や組織によらず あくまで「市民の有志」たちが2012年6月29日に始めたこの集会は、最初は3人だったのが、ネットや口コミで広まり、10人、15人、30人、70人・・・となって、金曜日の18時〜19時は、ちょっとした賑わいになっています。

 「道行く人と立ち話をするなど、静かな抗議があってもいい」という趣旨のこの集会は、シュプレヒコールなど声を張り上げることはしません。手作りのプラカードやゼッケン、ポスターを「静かに」掲げて通行人にアピールする人、「東京や札幌の集会には参加できないが応援したい」という想いの人、「デモやシュプレヒコールは苦手」という人、何とか自分の意志を表したい人、「野次馬的」にでも興味を持って様子を見に来る人、集会をしずかに見守る人・・・実に様々な人が集まっています。

 趣旨通り“何かしなければいけない”ものではありませんので、原発の問題に興味がある方は、是非、お気軽に立ち寄ってみてください。
主催:金曜広場


inserted by FC2 system